6/4 作品追加! 新規公開作品

先輩、そんなの知らないです 〜伴奏していた彼の指は今、私の膣内を乱してる〜

先輩、そんなの知らないです 〜伴奏していた彼の指は今、私の膣内を乱してる〜

マイリストへ追加

中学生時代、一つ上の先輩に告白された。ピアノを弾く、細くて長い指先が綺麗な人。それでいて顔立ちも成績も、田舎の学校の中では群を抜いて良かったからとても目立つ人だった。付き合った後もフラれて傷つくのが怖くて結局自分からお別れを告げて、すぐに別れてしまった。本当は、めちゃくちゃ好きだったのに。その気持ちはやがて執着のようになっていってー…大人になった今でも、こっそり先輩のSNSを覗き見るのがやめられないでいる。ある日、自分がSNSにあげた投稿に先輩が見た跡を見つけた。勇気を出して送ったDMから、先輩と5年ぶりに会うことに。あの頃と変わらないまま、かっこいい先輩。けれども私とて、あの頃のピュアな少女ではない。「先輩のこと本当に好きだったんですよ。別れたのも、好きすぎたからで…」「ふーん。じゃあもう、好きにならない?」先輩に唇を奪われて、見つめられる。「…これ以上しても、好きにならないでいられるの?」あの時憧れていた先輩の、ピアノを弾く綺麗で長い指は今夜、ベッドで私の身体をなぞっていてーー…。

先輩、そんなの知らないです 〜伴奏していた彼の指は今、私の膣内を乱してる〜
先輩、そんなの知らないです 〜伴奏していた彼の指は今、私の膣内を乱してる〜

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

最近のユーザーコメント

コメントよろしくね♪

コメントする

目次